製品

3D Inside Core

簡単な説明:

耐アルカリ性繊維を使用
接着剤付きのコアブラシ内の3DGRP、次に固定成形。
次にそれを型に入れて発泡させます。
最終製品は3DGRPフォームコンクリートボードです。


製品の詳細

接着剤でコアブラシの内側に3DGRPを配置し、次に固定成形します。次に、金型に入れて発泡させます。最終製品は3DGRP発泡コンクリートボードです。

利点
従来のフォームセメントの問題を解決します。強度が低く、壊れやすく、割れやすい。引張強度、圧縮強度、曲げ強度を大幅に向上させます(引張、圧縮強度は0.50MP以上でした)。
発泡配合を変更することで、発泡体の断熱性能が向上し、吸水率が低くなります。これは、建物と同じ寿命の、最も完璧な建物の断熱クラスA1不燃性材料です。
標準幅は1300mmです
重量1.5kg / m2
メッシュサイズ:9mm * 9mm

応用
core (5)
3Dファブリックに樹脂をブラシで塗る方法
1.樹脂の混合:通常は不飽和樹脂を使用し、硬化剤を追加する必要があります(100gの樹脂と1〜3gの硬化剤)
2.樹脂と布の比率は1:1です。たとえば、布1000gには樹脂1000gが必要です。
3.適切な操作プラットフォームを選択し、ファブリックを操作プラットフォームの表面にワックスで塗る必要があります(取り外しの目的で)
4.オペレーティングプラットフォームにファブリックを配置します。
5.生地が紙管に巻き付いているため、コアピラーが一方向に傾いています。
core (1)
6.ロールを使用して、生地の傾斜方向に沿って樹脂をブラッシングし、生地の繊維が浸透できるようにします。
core (2)
7.生地の繊維が完全に浸透した後、生地の上層を反対方向に引っ張って、生地全体を直立に保つことができます。
core (3)
8.完全に硬化した状態で使用できます。
core (4)


  • 前:
  • 次:

  • ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください